概要

目的

我が国の持続的発展のためにはASEANの発展が不可欠であり、そこには科学技術のグローバル化が大きく関わっています。しかしながら、それを支える科学技術教育分野のグローバル化は遅れています。本研究は、グローバルな視点で科学技術に関する諸教科の教育を実践し、かつASEAN と我が国の持続的発展に寄与できる教員を養成するための現職教員リカレント大学院教育プログラムを構築することを目的としています。これは科学技術教育分野でASEANと日本が協働して人材発掘と育成を行うための基盤づくりです。さらには、科学技術を体系的かつ体験的に理解し、グローバルな視点で科学技術教育を改革・実践できる教員を養成するプログラムの開発と普及のためのシステムを構築する試みです。

科学技術教育のグローバル化の必要性

科学技術教育のグローバル化の必要性

本研究がめざすグローバルリーダーの資質・能力

  1. 探究活動による体系的科学理解を自己推進する力
  2. グローバルコミュニケーション能力(語学、文化理解、国際教育力)
  3. グローバルリーダーシップ(国を超えた情報管理・発信能力、組織力、企画実行力)

期待される成果

  • 日本の科学技術関連教科教育のグローバル化が図れる
  • 国境の壁を越えて科学技術教育を伝えることで、生徒の能力を伸ばすためのスキルが著しく向上する
  • ASEANで行われている科学技術教育に触れることで、日本の科学技術教育の特徴を明確に認識できる
  • 実験を多く取り入れた日本の科学技術教育の特徴を普及することでASEANでの日本ファンの獲得につながる
  • グローバルに活躍できる人材育成者としての自覚の醸成がおこなわれる